沢宮里奈ファースト写真集で言いたかったこと

沢宮里奈の「ある意味過激な写真集」が売れている。

(↓浮かせたブラの下におひよこちゃんがいっぱい入ってるよ)

クラウドファウンディングで

買いたい人と資金を集めて、カメラマンを抑え、

ハーバーのタワーマンションのゲストルームを借りて撮影、

あとはカタログ印刷で作ったものなのだけれど、

カメラマンの腕が良く、なかなかの出来栄え。

 

紙でも、データでも買うことができる。

紙で買う人は皆で回し読みし、データで買う人は、

家でこっそり見るらしい。

まあ、そのあたりは個人の自由ということで。

 

まあ、つまりは個人が何でもできる時代になったということだ。

テレビやラジオに出たければ、youtubeやshowroomで発信すればいいし、

本を自費出版したければ、Kindleやnoteで売ればいい。

あるいはこうやってカタログ印刷で作ったり、

もっとちゃんとやりたければ、アルバム作成だって安くできる。

 

資金はクラウドファウンディング。

キャンプファイヤーみたいにちゃんとやらなくても、

ポルカで事足りる。

あとは出来上がってから手売りしたり、ベイスで売ったりできる。

 

この写真集で、

私が言いたかったことはこれだけ。

つまり「お金がない」「人脈がない」「ノウハウがない」

は通用しなくなったということだ。

 

沢宮里奈写真集「濡」

知らないサービスは、私が教えるから、

好きなことをやる自由は目の前にある。

Categories
・これからの生き方・会社経営・国際恋愛・大人の恋愛・新刊のご案内・発達障害・綺麗を目指す・関西ライフ
Tags
ADHDアスペルガーアンチエイジングおみくじコミュニケーションダイエットヌード写真集マーケティングモテテクやりたいことラマダン不倫人生人生の選択価値観出版国際結婚失恋好きな仕事で生きていく嫉妬尊敬引き寄せ復縁心のゆとり恋愛愛人日焼け早婚晩婚最新刊期待条件構ってちゃん気になること浮気海外発達障害あるある相談経営背中脳の構造自信自由恋愛言葉誤解質問力起業週末婚間違いだらけの異性選び関西弁