愛人で一生通すこと

愛人でいるって、寂しいことだと思う。

毎月お金がもらえて、恋愛もできて、それで十分、っていう人もいるけど、

私にはきっと務まらない。

 

 

でも世界中には、第2、第3夫人も持って、

ちゃんとうまくやっている人もいるから、

きっと考え方次第なんだろうと思う。

 

世の中には、浮気をされても、

それを誰かに忠告されても、

まったく動じずに夫婦生活を続ける人もいる。

 

もしかしたら、子供が大きくなってから、

突然離婚届を突きつけるつもりなのかもしれないけど、

これまた自分には不可能な芸当だと思う。

 

それで結婚生活が楽しいかどうかが問題なのであって、

楽しいことと苦しいことを天秤にかけて考えるものでもないけれど、

自分にはできないなぁ、とただそれだけはいまだに思う。

 

人によっては、愛人の立場でで生涯通す人や、

浮気されてもじっと耐えて、一生を終える人を、褒め称える人もいる。

一方で「別れればいいのに」とすぐに言う人もいるけれど、

結婚生活の考え方は人それぞれだ。

 

まあ、結婚時は対等であったとしても、

一生対等でいられるということはまずないのだろう。

対等でいるためには、やはり溝を埋める努力をしなければならない。

損得で考える人には、結婚は向いていないのだと思う。

 

 

Categories
・これからの生き方・会社経営・国際恋愛・大人の恋愛・新刊のご案内・発達障害・綺麗を目指す・関西ライフ
Tags
ADHDアスペルガーアンチエイジングおみくじコミュニケーションダイエットヌード写真集マーケティングモテテクやりたいことラマダン不倫人生人生の選択価値観出版別れ国際結婚失恋好きな仕事で生きていく嫉妬尊敬引き寄せ復縁心のゆとり恋愛愛人日焼け早婚晩婚最新刊期待条件構ってちゃん気になること注目記事浮気海外発達障害あるある相談経営背中脳の構造自信自由恋愛言葉誤解質問力起業週末婚間違いだらけの異性選び関西弁