自分でイニシアティブをとること

女子の場合、素敵なデートが終わると、

その時のことを思い出して反芻することが多い。

 

それはそれで楽しいひと時だけれど、

次に繋げる努力をしないと、

単純に、都合のいい女で終わってしまう。

デートが楽しくて充足すると、相手の手の内に落ちる。

そうなると、次からは向こうのペースで会うことになる。

相手が暇で、会いたいときに。

 

しばらく間が空いたときには、

たいていの男性は「仕事で忙しい」を言い訳にするけれど、

もしかしたら、その間に他の人に手を出しているかもしれないし、

もう単にあなたに興味を失っているのかもしれない。

 

だからと言って、焦って何か策を打ったところで、

そういう男はずっとそのままであることが多い。

 

気分次第でふらっと声をかけてくるような男性を追いかけるよりは、

毎日ちゃんと中身のあるメッセージをしてくれるような人の方が、

きちんとステディな関係になれる可能性が高い。

 

そのやりとりを積み重ねて、ようやく信頼関係が築かれていく。

たまに優しくしてくれる男性に流されないこと。

本当に大切な人を見つけたいなら、それが大事。

 

 

 

 

Categories
・これからの生き方・会社経営・国際恋愛・大人の恋愛・発達障害・綺麗を目指す・関西ライフ
Tags
アスペルガーアンチエイジングコミュニケーションダイエットヌード写真集マーケティングラマダン不倫人生人生の選択価値観国際結婚失恋嫉妬尊敬引き寄せ復縁心のゆとり恋愛日焼け早婚晩婚期待条件構ってちゃん気になること海外経営背中脳の構造自信自由恋愛誤解起業間違いだらけの異性選び関西弁