男性がアピールしたいときにやってしまう失敗2つ

ひとつは毎朝ラインやメールを送ってくること。

女性の朝は本当に忙しい。

1分あったら綺麗にメイクしたいし、

肌のためにもできる限り寝ていたい。

 

 

もしそのメールに「内容」があるなら、

昼にでも返信したいと思う。

でも、ほとんどのメールには内容がない。

 

朝じゃなければいいかというと、そういうこともなくて、

夕方や夜にスタンプを送ってくる人もいる。

何か用かと思って返信すると、それっきり。

 

「つまり大勢の人に同じ内容を送って、

返信があれば脈ありって判断なのね」と、

こちらも無視することにする。

本当に損をしていると思う。

 

もう一つは、一方的に自慢話を繰り出す人。

とくに数百万、数千万、数億儲かったって話にはうんざり。

それなら良いものをご馳走してくれる方がよっぽど印象がいい。

 

そういう話を嬉々としてするということは、

そういう話に飛びつく女がいるということで、

おそらく飲み屋関連の女性ということなのだろうと推測する。

つまりは、お金にしか興味がない女性。

 

お金ではなく、本人に興味がある女性の気持ちを惹きたかったら、

絶対に「内容のないライン」や「儲かった」話はしない方がいい。

 

そうするぐらいなら、あれこれ質問して、

女性が話したいことを存分に話させてあげる方がよっぽど効果がある。

 

ただし、一度仲良くなれたからといって、

次もそこからスタートできるとは思わないこと。

女性には「これ以上一度に入ってきてほしくない」という線があるから、

仲良くなりすぎたら、2回目は少し冷たくする傾向があるのだ。

 

その辺りも踏まえて、のんびり構えた余裕がある男性が、

最終的に成功する。

 

 

 

Categories
・これからの生き方・会社経営・国際恋愛・大人の恋愛・発達障害・綺麗を目指す・関西ライフ
Tags
アスペルガーアンチエイジングコミュニケーションダイエットヌード写真集マーケティングラマダン不倫人生人生の選択価値観国際結婚失恋嫉妬尊敬引き寄せ復縁心のゆとり恋愛日焼け早婚晩婚期待条件構ってちゃん気になること海外経営背中脳の構造自信自由恋愛誤解起業間違いだらけの異性選び関西弁