幸せなのは早婚?晩婚?

モロッコは若い人たちの割合がとても多い国だ。

日本の人口を描いた図が逆三角形だとすると、

モロッコの人口は裾が広い綺麗な三角形になる。

 

 

婚前の自由恋愛は原則禁止なので、

恋愛が始まったらまっすぐに結婚に進んで行く。

ほとんどの人は親や周囲の人に決められたお見合いで相手を決める。

 

そして結婚の年齢は平均18歳(モロッコの女性談)

と、とても早い。

 

未婚のままでは街も歩けないし、ホテルにも泊まれないから、

色々と不自由で、結婚しよう、という話になる。

 

家によっては、男性は兄から順番に、

女性は姉から順番に結婚しなければならないしきたりがあるから、

周囲からの「結婚しなさい」というプレッシャーもすごい。

 

女性の社会進出もそれほど進んでいないのと、

主婦の仕事(家事)が多いのとで、

専業主婦が奨励される。

 

つい最近まで第4夫人まで認められていたから、

お金がある男性は子供をどんどんもつことができた。

 

男の子は仕事を始めたら親に仕送りするのが当然だから、

子供を産めば産むほど親は豊かな老後を送れる。

 

親戚を中心としたコミュニティも、

あるとないとでは大違い。

 

まあ、あげればきりがないほど、早く結婚して、

子供をたくさん産んだ方がいいシステムになっているから、

結果的に若者が増える。

 

だからといって若者が多いほど経済的に豊かになれるかといえば、

そうとは言い切れない部分もあって難しいところだけれど、

少なくとも、旬のうちに結婚する人は多そうだ。

 

昔の日本に少し似ているような、そうでないような。

 

 

 

 

Categories
・これからの生き方・会社経営・国際恋愛・大人の恋愛・発達障害・綺麗を目指す・関西ライフ
Tags
アスペルガーアンチエイジングコミュニケーションダイエットヌード写真集マーケティングラマダン不倫人生人生の選択価値観国際結婚失恋嫉妬尊敬引き寄せ復縁心のゆとり恋愛愛人日焼け早婚晩婚最新刊期待条件構ってちゃん気になること浮気海外相談経営背中脳の構造自信自由恋愛言葉誤解質問力起業週末婚間違いだらけの異性選び関西弁